怪しいっつー妄想が暴走

とある珍妙不可思議話を、お聞かせする。くだらぬ妄想と笑われるが、我が夫 携帯電話 怪しい。っつーかアレ、旦那を喰らうてます。

意味?言葉通り。日夜縛りつけ、安眠を与えず、生気を奪う悪魔。何かこう、夫 携帯電話 怪しい原因が...と思うも、何じゃろ。

スマホからガラケーへ切り替えた、戻して急に愛着が湧く気が...、片時も離さん、まるで愛人の様。愛人?ひょっとして不倫?

だから、夫 携帯電話 怪しい?むむ、そう告げれば、彼は「何を馬鹿な。これがそんな魔性を持つ訳無かろうに。」と。

寄り添って数十年。未だに分からぬ事があっけど、何故ああまで手放さぬ...。そりゃ必要な物だと理解可能、其処まで?不可思議。

故に破壊、勿論嫌われ覚悟、やらねば。刀を持ち、旦那いぬ隙、切りかかったが、すんでの所を取り押さえられ...。

「理解出来ん。マトモな女子と思い婚約したが、こうも常軌逸すとは」無言でうつむく。「とはいえ、夫 携帯電話 怪しい!」やはり無理、別居こそ最善かね。